平成31年(2019年)4月1日から「創業プラザ滋賀」としてリニューアル!

コワーキングスペース:デスクやネットワーク設備等を共有しながら仕事を行う場所。起業創業を目指す方にとって、利用者同士の交流促進や支援担当職員(IM)とのコミュニケーションが容易になり、事業の推進と発展が期待できる。
★コラボしが21インキュベーション施設を「創業プラザ滋賀」として再編
★新しい支援形態の「創業サロン」を新設
★「創業オフィス」に10室を追加し拡大充実
滋賀県産業支援プラザでは平成16年度からコラボしが21の4階において、県内で起業創業を目指す方を対象にビジネスインキュベーション施設を提供しています。
この度、昨今の起業ニーズの多様化に対応するため「創業プラザ滋賀」としてリニューアルします。起業支援の専門家であるインキュベーション・マネージャー(IM)を常駐させることとし、従来の創業オフィス(個室タイプ)に加えて月額登録制のコワーキングスペース「創業サロン」を新設します。
IMの常駐とニーズに応じたオフィス、スペースの提供により、起業創業へのハードルをさげ「多様な起業家が出会い、育ち、集う場」の創出を図ります。