第398号 ビジネスモデルキャンバスセミナー開催について

╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
┃滋賀SOHOメールマガジン【第398号 2020.8.20 メルマガ登録数602名】
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
━━━━━━━━━━━━━━
ビジネスモデルキャンバスセミナー開催について 支援プラザからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋

「起業・創業を考える方のための、一歩踏み出す!ビジネスモデル
キャンバスセミナー」
 
起業家、起業準備者が事業を開始するにあたり、どのように価値を創造し顧客に
とどけるのか「ビジネスモデル」の構築は不可欠です。その「ビジネスモデル」を
構築する上で、有効なツールが「ビジネスモデルキャンバス」です。
「ビジネスモデルキャンバス」の理解を深め、実際に使用、体験し、起業への一歩を
踏み出しましょう!!

日時 
2020年 8月27日(木)開場受付 14:30~ 開始 15:00~16:30

プログラム
14:30~15:00 受付
15:00~16:00 講義 / ワークショップ
16:00~16:30 交流会、名刺交換会

会場 
Biz Base コラボ21 コワーキングスペース
(滋賀県大津市打出浜2-1 コラボしが21・1階)アクセス
・京阪電鉄 石場駅より徒歩約3分
・JR膳所駅・京阪膳所駅から徒歩約15分

※コラボしが21にはセミナー受講者用の駐車場はございません。公共交通機関での
  ご来場、若しくは近隣のコインパーキング等のご利用をお願いいたします。

講師 
中村 誠(インキュベーションマネジャー)
大阪の信用金庫に6年勤務後、段ボール箱製造会社を起業25年間経営。
現在は滋賀県産業支援プラザ勤務。
行政書士、FP2級、宅建士、知財管理士2級、JBIA認定IM、BMIA認定jrコンサルタント
 
対象 
・起業家
・起業間もない方、起業準備中の方

定員 15名 ※先着順

参加費 無料

主催 公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ

お問い合わせ
(公財)滋賀県産業支援プラザ 経営支援部 創業支援課
  担当:大隅

 TEL:077-511-1412  FAX:077-511-1418
 E-mail:in@shigaplaza.or.jp

 申し込み方法含む詳細は下記アドレス参照
 https://www.shigaplaza.or.jp/entrepreneur2020-0827/


━━━━━━━━━━━━━━╋
令和2年度 滋賀県立テクノファクトリー(賃貸型工場棟)入居者募集のご案内
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
募集区画
区画 3, 4, 5 (3区画) 

募集期間
/入居時期
区画 4
随時受付中
/審査が通り次第、入居可能 
区画 3, 5
 2020年8月3日(月)~2020年9月18日(金)
 /審査が通り次第、2021年2月1日(月)以降入居可能 

問い合わせ先
公益財団法人滋賀県産業支援プラザ
〒520-0806 大津市打出浜2-1 コラボしが21 創業支援課
TEL:077-511-1412 FAX:077-511-1418
 E-mail:in@shigaplaza.or.jp 

1.はじめに

県立テクノファクトリーは、独創的な技術を有する方が、その研究開発の成果を
利用して新製品の試作や製造に係る技術の開発および改良を行うことを支援
することにより、県内産業の振興を図ることを目的にした賃貸型工場施設です。

当施設は、産業支援プラザが滋賀県から指定管理者を受け運営する施設であり、
意欲ある起業家の皆さんが工場棟に入居し、本格的な事業展開を図っていただき、
将来、本県経済を担う企業に発展されることを期待しています。

2.所在地

滋賀県草津市野路東七丁目3番46号 

3.施設概要

①入居施設:工場棟1区画 ≪1区画の構成と仕様≫ 

[事務所スペース]
鉄骨造平屋(高さ2.7m)
面積:約38㎡
空調設備あり
TV端子
電話端子
LAN端子
電気設備:単相(100V)2KW×3
ミニキッチン

[工場スペース]
鉄骨造平屋(高さ5.5m)
面積:約162㎡
床荷重:2t/㎡
シャッター:高さ3.5m、巾3.0m
ホイストクレーン:荷重1t設置可能
電気設備:動力(三相200V)総容量26KW、単相(100V)2KW×5
排水:生活雑排水のみ(工場排水は流せません)
トイレ
各種配線・配管ピット

[周辺部分(屋外)]
事務所前のスペース(車1~2台の駐車が可能)
事務所裏のスペース
共通施設
テクノファクトリーの設置目的に沿って、工場棟の入居者のほか一般の企業等も
使用できます。
支援棟の構成と仕様

②共通施設 

[支援棟]
鉄骨造平屋、面積:200㎡
開所時間:土日祝日・年末年始を除く9時~17時
会議室(有料)

会議室使用料

会議室
60㎡、30名収容  900円/1時間当たり(税込)※事前申込みが必要 

多目的室
12㎡、和室    460円/1時間当たり(税込)※事前申込みが必要 

その他
ロビー・商談コーナー 無料 

[駐車場](無料)
駐車場(約50台)
駐輪場(約20台)

4.入居期間

1年更新(最長5年を限度)

5.使用料

1区画あたり月額 204,000円(税込)※各区画共通、保証料金等不要

(注:月払い。使用開始のあった月または使用が終了した月の日数が1ヶ月に
   満たない場合でも、その月1ヶ月の使用があったものとみなし、
   使用料の日割り計算は行いません。)

その他の経費

電力
入居者が関西電力と直接契約していただきます 

電話
入居者が事業者と直接契約していただきます 

ガス
LPガス対応で事業者と直接契約していただきます 

警備
入居者が事業者と直接契約していただきます 

水道
テクノファクトリーが一括契約し使用量に応じ負担いただきます 

下水道
テクノファクトリーが一括契約し上水使用量に応じ負担いただきます 

6.申請方法

申請書(滋賀県立テクノファクトリー工場棟使用資格承認申請書)に
次の書類を添えて提出してください。

ア.事業計画書
イ.企業等概要表
ウ.法人にあっては登記簿謄本、個人にあっては住民票記載事項証明書等
エ.最近の試算表および直近2期の決算書
オ.事業税の納税証明書

7.応募、審査、入居決定の流れ

施設の見学(希望される方は下記に問い合わせしてください。おって、
      日程等を連絡させていただきます。)

①申請書の提出
    ↓ 
②審査会(事業計画についてプレゼン15分、質疑応答15分のヒアリングを実施します。)
    ↓ 
③入居(使用資格)の承認

8.応募資格

次のいずれにも該当する方が対象となります。
新製品の試作または製造に係る技術の開発、もしくは改良を行おうとする方。
県内において製造業その他の製品の製造と密接に関連を有する事業を行う方、
または行おうとする方。資本の額もしくは出資の総額が3億円以下の方、
または常時使用する従業員の数が300人以下の方 (中小企業または個人等)。

9.その他

工場棟は、単なる既存製品の製造などの生産活動の場、展示・販売などの営業活動の場、
総務・経理・人事など管理業務の場、または製品の保管など倉庫として使用することは
できません。

工場棟の使用にあたっては、ばい煙、粉塵、ガス、悪臭、排水、騒音、振動、
電磁ノイズ等による公害や周辺への影響が生じないよう、入居者において適切かつ
十分な措置を講じていただきます。

10.問い合わせ

(公財)滋賀県産業支援プラザ 創業支援課 大隅

 〒520-0806 滋賀県大津市打出浜2-1 コラボしが21 2階

 TEL:077-511-1412 FAX:077-511-1418

 e-mail:in@shigaplaza.or.jp

 詳細なところは下記アドレス参照
 https://www.shigaplaza.or.jp/tf-bosyuu2020/
 
━━━━━━━━━━━━━━
「製造現場へのAI・IOT導入促進補助金」2次募集について 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋ 
AI・IoT機器等の導入促進を行うことにより県内中小企業者のモノづくり産業の
基盤強化を図ることを目的とした「製造現場へのAI・IoT導入促進補助金」に
関して以下の通り2次募集を行いますのでお知らせします。

受付期間
2020年 8月5日(水)~ 2020年 9月18日(金)17:00 必着(郵送又は持参)
(郵送の場合も消印ではなく、プラザ必着ですので余裕をもってご応募ください)

応募にあたり実施の手引きをご参照ください。
1.対象事業者
   次の全てを満たす企業等とします。
(1)中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律(平成11年法律第18号)
    第2条第1項第1号に規定する「中小企業者」であり、次のいずれにも
    該当しないこと。
ア:発行済株式の総数または出資価額の総額の2分の1以上を同一の大企業が
    所有しているもの。
イ:発行済株式の総数または出資価額の総額の3分の2以上を大企業が
    所有しているもの。
ウ:大企業の役員または職員を兼ねている者が、役員総数の2分の1以上を
    占めているもの。
(2)総務省が定める日本標準産業分類の「製造業」に属すること。
(3)滋賀県内に本事業を実施できる生産拠点を有し、かつ本事業により生産性向上が
    見込まれるもの。
2.補助事業の内容
(1)補助対象事業 
補助金の交付の対象となる事業(以下「補助事業」という。)は、補助金の交付対象者が
滋賀県内に有する製造施設において生産性向上のためにAI・IoTを活用した仕組みを
構築し、経営の改善につなげる取り組みであって次の全てを満たす事業を対象とします。

① 生産性向上(稼働率向上、品質改善、コストダウン、設備保全、技能継承等)を
   目的とし、成果指標の設定が可能な事業であること。
② 補助金対象期間内にAI・IoTを活用した仕組みを構築し、経営上の改善効果が
   見込まれること
③ AI・IoTを活用した仕組みのノウハウなどが県内中小企業への波及効果として
  見込まれる事業であること。

(2)補助対象経費 

① 機器・部品・ソフトウェアパッケージ費
 AI・IoTを活用した仕組みとして構成されるセンサー・カメラ等の機器・部品、
  通信機器類の購入パッケージソフトウェア等の購入および借用に要する経費
② サービス利用費
 AI・IoTを活用した仕組みとして利用するクラウドの使用料及び通信費等の使用料
③ 委託費
 補助事業者が直接実施することができないもの又は適当ではないものについて、
  他の事業者に行わせるために必要な経費(委託契約)
④ 技術指導費
 AI・IoTを活用した仕組みの構築を行うに当たって、外部(専門家等)から技術指導を
  受ける場合に要する経費(謝金・旅費)
(3)補助金額 
① 補助率   :補助対象経費の1/2以内
② 1件あたり :150万円以内
 *補助金交付額は、補助金の合計額の千円未満を切捨てた額とします。
 *補助金は精算払いにより交付します。
③ 採択予定数 :2件程度(補助金の予算範囲内で採択事業を選定します。)

3.申請手続き
(1)応募書類提出先 
 〒520-0806 大津市打出浜2-1 コラボしが21 2階
 公益財団法人 滋賀県産業支援プラザ AI・IoT補助金担当
 TEL(直通):077-511-1424
(2)応募書類 
以下の書類を全て揃えたうえで郵送又は直接窓口持参(上記提出先)でご提出ください。
事業計画書申請書、事業実施計画書、補助事業経費内訳書、定款の写し
直近2か年の決算書(貸借対照表、損益計算書、販売費及び一般管理費の明細、
製造原価報告書)
会社パンフレット(会社概要が分かる資料でも可)
県税すべてに未納がないことを証する納税証明書(写しで可)

※提出された書類は、審査資料として白黒コピーしますので、コントラストがはっきり
  でるようにしてください また、A4判片面印刷で作成してください。

  詳細なところは下記アドレス参照
  https://www.shigaplaza.or.jp/ai-iot-hojyokin2020-2/

━━━━━━━━━━━━━╋ 
【ブログ情報】
 ・ビジネスカフェあきんどひろば 
    http://bcafe.shiga-saku.net/ 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋
 ・次回メールマガジンの配信は、2020年9月10日(木)の予定です。
   
  ・滋賀県SOHOビジネスオフィスから発信するメールマガジンです。
   配信停止の場合は、↓こちらで登録解除していただけます。
    http://www.soho-shiga.jp/mailmag/

 ・その他、滋賀県産業支援プラザでは中小企業者、創業者の経営に役立つ
    滋賀のビジネス情報をお届けしています。
   SHIGA PLAZA メールマガジンは
    http://mlmg.shigaplaza.or.jp/mlmgnw/ 
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━╋