MENU

上司と合わない!ストレスで退職、転職、異動をしたくなった時。

仕事の永遠のテーマの一つ

上司と合わない

100%の力を発揮できず、葛藤する人は多いと言います。

大概の場合、上司とは勤続年数が違い、経験値も違います。

仕事への価値観が違うため、かみ合わないことが多々起こります。

どうやっても上司と合わない時、どうすればいいのでしょうか。

こんな人にこの記事はおすすめ!

  • 上司と合わなくてストレス
  • 嫌いな上司がいる中で何とか頑張る方法を身に着けたい
  • 上司が嫌い過ぎて仕事を辞めたい
目次

上司と合わない!ストレスが極限まで溜まっている場合。

一言に

合わない上司

、と言っても

仕事丸投げタイプ

パワハラタイプ

大人子どもタイプ

3つほど上げましたが、いろいろ居ます。

人の性格は人の数だけあります。

また、

最初は大丈夫だったが、時間が経つにつれて嫌になった。

と言う場合もあります。

SNSが発展してきて、

上司ガチャ

という言葉も生まれるぐらいです。

本当に良い上司に巡り合える確率はかなり低いと言えるでしょう。

とはいえ、文句ばかり言っても始まりません。

現状維持では生産性が落ちるだけです。

そのため、どこかしらで対策を取ることが必要です。

上司とストレスをためている場合すべき2つのこと

上司と合わない場合にすべきことは2つあります。

  • 自分を磨く
  • 退職を検討する

上司と合わない人の自分磨き

上司と合わない人の中には、

正論を振りかざされる。

ことがよくあります。

頑張っても、細かい指摘をされることがあります。

工場、現場、営業。

仕事と呼べるものならば、どこでも起こることです。

こういった場合、どうすればいいのでしょうか。

とにかくは、こらえてみることが一番です。

時間が経ってみると、

あの時、言っていたことは正しかったんだな

と思えるタイミングがふと来た、というのは誰しも経験があるのではないでしょうか。

結局それの繰り返しがなければ、技術の進歩はあり得ません。

自分のことを一番わかっているのは、自分

とよく言うものの、歳を重ねてみると、

あの頃は見えてなかったな。

と思うことがよく起こります。

人が成長するには、

  • 攻め時
  • 守り時

この2つがあります。

しかし、どんな業界でも多くの一流は

守り時

に重きを置きます。

いま、追い詰められている人も、少しだけ耐えてみてはいかがでしょうか。

耐えることは、何にも代えがたい才能です。

年を取れば、取るほど、実感します。

その財産は20代、30代の今。気持ち一つで伸ばすことが出来ます。

明らかに無能な上司にストレスを溜めている場合。

しかし、優秀な上司だけではないのが実情です。

会社には繰り上がりで上司になった人がいます。

能力がないけれど、代わりがいないから消去法で上司になった人です。

これを読んでいる人にも、心当たりがあるのではないでしょうか。

辞めるべき!一緒にいてもためにならない上司の特徴!

一言に無能と言っても、色々なタイプがいます。

しかし、もっとも警戒すべきは

人によって態度を変える。

ここになります。

つまり、固定観念が強く無意識の内にグループ分けする上司です。

職場という制限された空間で、ある種の差別対象を作る上司です。

人間だれしも、完璧ではないので相手により態度は変わります。

しかし、明らかに態度が違い差別してくる人がいれば注意すべきだと言います。

そういったことをする多くの人は、人を見ているのではなく、立場を見ているからです。

立場の弱い物にきつく当たる人が上司にいる場合、消耗することが多いので注意が必要です。

自分の能力が伸びる前に、精神的に追い詰められるからです。

そういった職場に長居しても、時間の無駄に終わることの方が多いです。

日本人は謙虚。

と言いますが、結局は人間です。

囚人と看守の実験のように、立場は人間の在り方を変えてしまうのです。

もし、そんな上司が自分の直属にいるのなら、退職を考えるべきです。

とはいえ、世の中には不利な環境を成長の場としてとらえるいわゆる

出来る人

がいます。

実際に蓮の花のように劣悪な環境でもたくましく根を張り、大輪を咲かせる人もいます。

職場環境を逆手にとって、仕事に邁進することも成長のファクターになりえます。

人を育てるのは環境で、劣悪な環境で慎重に歩き、考え、自己を研鑽し

地べたでの立ち振る舞い

を身に着けることも、大事です。

とはいえ、無能な上司が目の前からいなくなるには、時間がかかります。

そして、自分の能力ではそういった人をどうにもできないこともよくあることです。

ひどい場合、上司が10年たっても、変わらないこともあります。

だから、ここは一つ

辞め時

というものを、自分の中で設定することも重要です。

上司と合わなくて退職と転職を考える

上司と合わなくて、辞めたい。

最終的にそういった結論に至ったとき、どうすべきなのか。

手段を列挙していきます。

  • 退職の仕方や問題点
  • 上司に退職の意を伝える。
  • 退職代行を活用する。

退職の仕方

多くの人は、退職を考えても踏み出すことがありません。

踏み出そうにも

ひょっとしたら、自分は取り返しのつかないことをしてしまうのでは・・・?

と足がすくんでしまう場合があるからです。

しかし、退職は取り掛かりさえすれば簡単です。

上司と総務に連絡をすれば、それだけで手続きが進みます。

ただ、注意点があります。

多くの上司は部下を辞めさせたくない

最も注意すべき点は

止められる

この一点です。

上司によって手段は変わりますが、どんな上司も部下には辞めてほしくないことがほとんどです。

それは、どれだけパワハラが横行していてもです。

よくパワハラされていると、

自己評価が低くなり、

俺みたいなやつが辞めても、止められないだろうな

と思いがちですが、そうではありません。

あまりに仕事が出来ないのなら、リリースします。

しかし、大抵の場合、手間暇つぎ込んで育てた部下は手元に置き、自分の仕事のサポートを期待しているモノです。

そんな部下を手放すことはないので、色々な手段を使って阻止してきます。

よくあるのが、

お前が他で通用するわけない

という脅し文句です。

勿論、色々な言語を駆使して脅してきます。

大抵、上司は自分よりも経験豊富に見えるので、その言葉にある種の信憑性を感じてしまうのも事実です。

だから、なかなかやめられず、一度とどまってしまうと今度は言い出すタイミングが無くなります。

上司から解放される。上手く退職、転職する手段

そういった場合の手段として挙げられるのは、

退職代行サービスです。

活用され始めたのは20年ほど前からです。

当時はブラック企業や上司からのパワハラも表に出にくい時代でした。

だから、隔絶された空間で、

これは当たり前のことなんだ

と、会社に染められる人が多かったです。だから、退職代行サービスを使うなんてもってのほか。と言う考えが根付いていたようです。

しかし、現代はSNSなどもあり、会社に異常性に気づく人が多くなりました。

それに伴い、多くの人が活用するようになりました。

会社や上司は法に則って仕事をしています。

退職代行サービスは退職させることにおいて、

法律に則り辞めさせるサービスです。

そういったこともあり、確実に辞めることが出来ることを重宝する方は今の時代非常に多いと言えます。

まとめ。上司と合わなくて、ストレスな場合の退職、転職

ストレスにも種類があります。

  • 良いストレス
  • 悪いストレス

の2つです。

良いストレスは必要不可欠です。

仕事で不備があった場合など、重んじて受け入れ、糧にすべきです。

一方で、理不尽しかない悪いストレスは精神を削り、時間を浪費するだけです。

そういった経験は今後も生かされる、という考えもありますが、割に合わないことが多いです。

だから、一刻も早く逃げて、体制の立て直しを図るべきです。

立ち向かうのが勇気なら、逃げることもまた勇気であり、立派な戦略です。

社会で強く生きていくのなら、そういった取捨選択のセンスも必要になってきているのです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次