MENU

会社を辞めたい!仕事を辞めるタイミングや伝え方について考える。

会社を辞めたい。

社会人になるとそう思うことが、何度もあります。

仕事を続けるのが、何よりも難しく

無事これ名馬

とは違いますが、日々、職場に顔を出し、結果を残し続けることがいかに難しいかわかります。

同じ仕事を続けていると、未来がなんとなく見えてきて、不安や葛藤に苛まれます。

一度しかない人生このままでいいのか。

誰しもが、そう思うもので、仕事を辞めるタイミングというのは重要です。

転職は

人生の転機

と言っても差し支えありません。

しかし、すんなりと辞められないのも事実です。

手慣れた仕事を手放し、次の職場に移る、というのはリスキーな選択に思えます。

不安になり、いつまでも悩んだ挙句、結局踏み出せないことも多いです。

それを踏まえて、今回は仕事を辞めるタイミングや上司への伝え方について、解説していきます。

この記事はこんな人にオススメ

  • 仕事を辞める決心はついたけど、辞めるタイミングが分からない
  • 辞めるときの注意点を知りたい
  • 退職時の伝え方が分からない
  • 退職する手段について知りたい
目次

会社、仕事を辞めるタイミングについて。

仕事を辞めるうえでのタイミングや心得は以下のモノになります。

  • 繁忙期は避ける
  • 1~3か月前を心がける
  • 退職理由の伝え方を工夫する

会社、仕事を辞めるとき1.繁忙期は避ける

会社を辞めるタイミングは一般的に繁忙期以外が好ましいとされています。

常に忙しい会社も多くあります。

忙しくない期間を探す方が難しい

という会社は非常に多いです。

しかし、

タイミングを見て特に忙しい期間の退職は避ける。

これが基本的マナーです。

それを踏まえて、一般的には長期休暇前に退職する人が多いです。

  • 年末
  • お盆休み
  • ゴールデンウィーク

これらはねらい目と言えるでしょう。

しかし、中には精神的に参っている場合もあり、退職する期間を選べないこともあります。

むしろ、繁忙期だからこそ、精神が休まる暇もなく辞めたいと思う場合もあります。

そういった時はどうすればいいのでしょうか。

補足.仕事や会社を辞める手段の一つ

退職代行サービスを活用

仕事を辞めるために、活用するのも一つの手段です。

確実に辞めることが出来るので、最近はかなり活用されています。

一昔前までは、あまり使われなかった退職代行サービスですが、最近はSNSなどの情報共有などもあります。

それにより、肯定的にとらえられ、活用されることが増えてきました。

勿論、職場はかなり忙しいのですが、人の心はもろく、一度壊れると修復に時間がかかります。

中には仕事に対するトラウマで引きこもりになる人もいるぐらいです。

中には10年引きこもり、社会復帰が難しくなる人もいます。

数年前に比べ、心の豊かさが失われつつある現代社会です。

精神的な健康や豊かさを守ることも、社会人としては必要なスキル

と言っても差し支えありません。

職場の忙しさは一時だけかもしれません。また、自分がいなくなっても代わりの人材は雇えます。

しかし、自分の心や精神は自分だけの物です。それを守るために、少々外部の力を借りるケースも増えてきている時代です。

会社、仕事を辞めるとき2.1~3ヵ月前に直属の上司に伝えておく。

大事なことは、早めに伝えることです。

早めの連絡は仕事のスケジュールなどを決める上司からすれば、助かります。

また、どんな職場にも必ず

引継ぎ

というものがあります。

後進が出来るようになるまではやめてほしくない。

と言うのが、直属の上司からの正直な気持ちです。

それを踏まえて、

1~3か月前には退職の旨を伝えて置くこと

これを心がけるだけで、円満退職につながります。

補足.早めに伝えるメリット

また、早めに伝えることは職場のためだけにとどまりません。

あらかじめ伝えることで、自分の心にもゆとりがもて、次のステップを踏み出す準備が出来るからです。

スマートに物事を進めたいなら、早めに退職することを伝えておくことが必須です。

会社、仕事を辞めるとき3.退職理由の伝え方を工夫する。

ここまで、退職をする上でのタイミングを書きました。

しかし、実際に退職するとき、必ず思い描いた通りに行くとは限りません。

そこで、退職をする時の上司とのやり取りについて深堀していきます。

会社や仕事を辞めるときの伝え方について。

会社や仕事を辞めるとき、対人でのやり取りが必要です。

絶対にやめてやると思っていても、行動してみるとまた違う結末が待っていることが多々あります。

意識すべき点は

ほとんどの上司は辞める理由を聴いてくる

ということです。

加えて、

多くの上司が部下を踏みとどまらせる話術を持っている。

という点です。

辞めると決心しても、その決心は対人になると1ミリも役立ちません。

大事なのは、辞めるうえでのコツを上手く伝えることです。

そこで、仕事を辞めるときの伝え方、また注意点について列挙します。

退職時、伝える際のコツ

  • 職場があっていないなどはNG
  • 居心地が悪いなどの心象マイナス系もNG
  • 効果的なのは、やりたい仕事があるなどのプラスの事由
  • 次の職場は決まっている、と伝えるために、次の職場を前もって決めておく。

会社や仕事を辞めるときの伝え方1.職場があっていないはNG

職場があっていない

などはNGです。

こういった回答をすると、多くの上司は

これから相談に乗るから、どんどん改善していこう

と、前向きかつ、多くの部下をとどまらせる方向にもっていけるからです。

一見すると、辞められそうな理由ですが、辞める決心をした際には意外とNGだったりします。

会社や仕事を辞めるときの伝え方2.居心地が悪い、嫌いな人がいるもNG

こちらもNGです。

辞める際にはなるべく、円滑かつ円満に辞めることを目指すべきです。

居心地が悪い、職場環境が悪い。などはどうせ辞めるんだから。と思ってついつい悪態をつきたくなります。

しかし、一度それを口にすると、やはり

改善するから、考え直して

という方向に持っていかれたりするので、難しい所です。

会社や仕事を辞めるときの伝え方3.やりたい仕事があるなどは効果的。

多くの上司は、部下の将来について問いかけます。

改善するから、考え直して

と聴いてきます。

ここをはっきりと回答できないと

うちで働きながら、次を考えればいいじゃないか

と先延ばしにつながるのです。

そういったこともあるので、次の職業について、しっかり考えましょう。

そして、出来るなら、

なぜ、その仕事をしたくなったのか。どれぐらいの期間、その仕事のことを思い続けたのか。

ここまで、明確に答えられるようになることがベストです。

より明確、深く語れるのなら上司も何も付け入ることが出来ません。

そのために、次のことを意識していきます。

会社や仕事を辞めるときの伝え方4.あらかじめ、次の職場を決めておく

話の筋を通して、上司を説得したいならやはり、生の経験です。

仮に職場が決まっていなくても、自分がやってみたい仕事を探すぐらいはすべきです。

転職活動をしてみると良いでしょう。

転職活動とは、自分に合っている職業を探したり、次の仕事を探したりすることです。

言ってみれば、準備段階に当たります。

転職サイトを探してみて、自分に向いているかどうか、無料審査してみるのも立派な転職活動です。

小さくても良いので、一歩を踏み出してみると、色々な業種があることに気づけます。

また、同業者でも今働いている会社とは全く違った業務体系をとっている会社が多数あることにも気づけます。

そういった知見を得るだけでも、上司を説得する際には非常に役立ちます。

動き出した、という実体験は何よりの説得材料です。

会社を辞めるときの伝え方、タイミングまとめ

  • 忙しいタイミングで辞めない。
  • 早めの行動が何よりも重要
  • 退職の伝え方としては、プラス思考と具体的理由が重要

組織を抜けるのは人の自由です。

しかし、社会で生き抜くためには、社会性も大事です。

その社会性とは思いやりが根幹にあります。

どこの会社でも人間関係を上手くやってこその、仕事になるので、辞める際は相手のことを考えることも重要になるでしょう。

ただ、どうしても辞めたいのだけど、それが叶わない

と言う場合は、退職代行サービスを活用するのも一つです。

勿論、全てが良いサービスというわけではないので、厳選な作業が必要です。

ただ、職場を辞めると言うのは何かと手間がかかるものであるのと同時に自分の将来を決める大事でもあります。

それを踏まえて、少し時間をかけてそういったサービスを厳選する必要があります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次