MENU

退職代行を使うのはあり得ない?後悔する?退職代行を使ってでも辞めた方がいい職場について。

会社で働くと

退職、転職

という言葉が浮かんでくると思います。

仕事を退くのは一昔前までは、

逃げ

とされてきました。

しかし、令和の時代、転職や退職は一つの選択肢として考えられるようになりました。

辛く苦しい職場に長く務めるより、つらい職場を

と割り切り、次のステージにつなげ、視野を広げる人が増えました。

こういった世界もあるんだな

SNSが発達した現代においては、経験値を活かして副業にする人もいます。

働き方は無限にあります。

繰り返します。

退職はカードの一つとして考えられます。

今回、解説する退職代行も、一刻も早く職場を去るため、活用する人は増えてきています。

時は金なり

善は急げ

ですね。

活用する人が増えたので、それに伴い、サービスの質が向上してきています。

使ってみると

そこまでやってくれるんだ

という声も多く、利用者の満足度も高まってきています。

今回は、そんな退職代行について解説していきます。

こんな人にオススメの記事です!

  • 退職代行を使うのってありえない?と悩んでいる人。
  • 退職代行を使ってでも辞めるべき職場とは。
  • 退職代行はどういった人が使えばいいのか。
目次

退職代行を使うのってありえない?と悩んでいる人

退職代行つかうとか、ありえないよ

仮に退職代行を使うと、上司や職場の目が気になる人もいます。

しかし、退職代行はそういった職場で活用されています。

退職代行とは行きたくない職場を抜ける手段です。

退職すれば、もう上司と会うこともありません。

だから、使う時は躊躇するかもしれませんが、一生辞めれないと思っていた職場を辞めることが出来るので、次を踏み出したい人には良く活用されているサービスであると言えます。

そして、実際に辞めることが出来て、

やっと、やりたいことが出来る!

と言う人もかなり多いです。

世間に認められているサービスです。

仮にその職場で

ありえないよ

と言われても、世間という広い目で見れば、筋が通っているサービスなので

使うのがありえない、は、全くありません。

とはいえ、良い所ばかりではないので

  • メリット
  • デメリット

について掘り下げていきましょう。

退職代行のメリット

退職代行のメリットは

  • 確実に辞めることが出来る
  • 早く辞めることが出来る
  • 有給や必要書類などの処理も行う。

と言った点です。

退職代行サービスとは、名の通り、

退職の専門家

です。

法律に基づいた手順と手段を用いて退職の手引きをします。

職場にある、感情論などとは別次元で話を進めていきます。

それによって、確実に退職し、さらにスピードも通常で辞めるより速いです。

また、実績のある退職代行サービスなら手厚いサービスもあります。

有給の消化や会社との面倒な手続きも全て請け負ってくれ、それも早期の退職のサポートになります。

退職代行のデメリット

退職代行のデメリットは

  • 良い顔はされない
  • 罪悪感が残る
  • 代金がかかる

点です。

大抵、外部に頼って退職する社員を職場は良しとしません。

そして、退職代行に頼らざる得ない人はいつも周りに気を使っている人が多いです。

だから、罪悪感が残ります。

さらに、代金がかかります。

高い所では2万円ほどかかり、薄給のブラック企業で働いている人にとって少なくない額です。

それもあり、

絶対使うべき!

と、言えないサービスともいえます。

退職代行サービスを使ってでも、辞めるべき職場とは。

ブラック企業

です。

ブラック企業は造語なので、国が公正に認めた言葉ではありません。

その定義はあいまいです。

ただ、一般的に

  • 日々、パワハラが横行する
  • 労働時間通りの報酬が払われない
  • 職場に行くことが限度を超えて苦痛

などの場合は、ブラック企業です。

こういった会社は離職率が高く、常に働く人を求めています。

人によってはすぐに辞めることが出来ます。

しかし、

  • 劣悪な職場や無能な社員をほっておけない人
  • 能力がちょうどいいぐらいに高い人
  • 職場に染まりきった人

などは、圧力がかかり退職出来ない状況に陥っています。

退職代行サービスを使うべき人の特徴

次の特徴が当てはまるなら、検討しても良いでしょう。

  • 能力と見合ってない仕事をしている
  • いざ、辞めようと思っても踏み切れない
  • 新しい仕事がしたいが、叶わない

人生に希望を持てるだけの能力があるのに、見合わない職場で時間を潰すのはもったいないです。

これを、

宝の持ち腐れ

と言います。

それなら、お金を払ってでも、また、多少職場に悪い顔をされてでも、退職代行サービスを使っていくべきです。

退職代行サービスはそういった人のために存在します。

退職代行を使って後悔するのか。

最後にこちらについて深堀していきます。

退職代行サービスを使って後悔するのか

  • 後悔することは避けられない
  • 後悔を良い思い出にするには
  • 退職代行は結局使うべきなのか?

退職代行を使って後悔することは避けられない

後悔することは避けられない。

と言うのは、覚悟すべき点だと思います。

通常と違う方法で、辞めています。

手段としては、成功法とは言えません。

だから、後悔することは避けられないことがほとんどです。

しかし、

後悔をしてでも、辞めるべき職場

は、存在します。

自分の成長を阻害し、才能を摘み取るような場所なら、多少の痛みを伴っても退職すべきだと言えます。

後悔を良い思い出にするために

そのため、退職をする時は、しっかり準備をしましょう。

自分の将来について考えることです。

考えすぎるほどが、ちょうどよく、限界まで煮詰めて、ケチのつけようがないぐらい完璧な将来が設計出来たら、手段の一つとして、退職代行を活用するのが効果的な活用法です。

退職代行は結局使うべきなのか。

最後の結論としては、月並みで

人による

と言えます。

しかし、劣悪な労働条件が当たり前だと思わない内に使った方が得策ではあります。

一度凝り固まった固定観念は中々、変えられないからです。

同じ会社に長年勤めあげたベテラン社員は立派です。

ベテラン社員

ただ、その価値観はどこかしら、企業に即したもので右に偏ったり、世間とのかい離が感じられることが多々あります。

こういった社員も昔は、自分なりにモノを考えていたりしていたのですが、ずっと続けるうちに考えることを放棄して、会社に染まっていることが多くあります。

しかし、世間は刻一刻とその姿を変えていきます。

隔離された企業とは違い、あっという間にあるものは廃り、ある者が隆盛の時を迎えます。

その社会の流れに取り残されず、日々、思考を更新し続けることが成長を続けるうえでは重要なことです。

それを踏まえ、最初の書いた通り、

転職、退職はカードの1つ

です。

だからこそ、確実な退職手段として

退職代行を活用する

と言うのは、ありえないことはない。と言えるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次