MENU

退職代行でアルバイトを辞めるのはあり?料金を安く済ませる方法も解説!

アルバイトを始めるものの想像していたものとかけ離れていた、というケースが多々あります。

理想と大きくかけ離れた職場で働き続けることは、心身ともに大きな負担になりますよね?

しかし、すぐにやめられない状況や、責任者が怖くて何を言われるのかわからないといったことも沢山あるのではないでしょうか。

組織を辞めると言うのは、いつだって強い摩擦抵抗がかかるものです。

退職代行というサービスはご存知でしょうか。

退職代行は仕事、派遣、パートなど。いろいろな雇用体系で使われており、勿論アルバイトでも使用可能。

退職のプロが手際よく、円滑に退職へ導いてくれるサービスです。

若者を中心に幅広い世代に活用されています。

今回は、そんな退職代行サービスでアルバイトを辞めるのはアリか?さらに、それ以外の気になる点についても、解説していきたいと思います。

目次

退職代行でアルバイトを辞めるのはあり?

退職代行サービスは様々な雇用形態で活用することができ、勿論アルバイトでも活用できます。

結論から言うと退職代行で、アルバイトを辞めるのはありです。

実際に、アルバイトを辞める上で、多くの人が退職代行サービスを使っています。

退職代行サービス自体、料金がかかることは大きなネックとされていますが、これらのサービスを活用する人は、料金がかかっても今の職場を抜け出したい、という人がほとんどです。

実際に活用してみて、退職代行を使って良かったという人が多くいると言います。

しかし、『めんどくさい』『勇気が出ない』『職場がしっくりこない』などの軽い理由で退職代行を活用する人もいます。

アルバイトが退職代行を使って辞める理由3選

ここでは、なぜアルバイトが退職代行を活用して会社を辞めるのか深く掘り下げていこうと思います。

アルバイトを辞めさせてもらえない

アルバイトの業種によっては辞めさせてもらえないところがある、ということです。

直接的に「辞めるな」と言われることもあるのですが、それ以外にも

「今、○○さんに辞められたら、うちは終わりだよ」

と、「あなたが優秀だから辞められちゃ困る」といった言い方も耳にします。

こういった言い方をされる人は確かに優秀であることは間違いありません。更に言われて悪い気もしません。

しかし、気が付けば同じ場所に長い時間滞在していることも多々あります。

アルバイトを辞めたい時に、上司に言いくるめられないように、きっぱりと代行サービスを活用する人が多いです。

上司との人間関係が悪い

一番多いのが、これではないでしょうか。

上司との冷戦時代に突入しているアルバイトはかなり多いと思います。

とりわけ、今の時代はジェネレーションギャップなどもあって、コミュニケーションひとつとるのでも、多大な労力が必要です。

そういった中で、部下とのコミュニケーションに力を割かない上司も増えています。

下っ端のお前が俺のテンション、やり方に合わせろ系上司

が厄介です。

日ごろのコミュニケーションがままならない中で、退職を言い出せずに精神がどんどん削られていくアルバイトは実に多いです。

そういった時に、退職代行サービスは非常に強力な味方になります。

なかなか辞めたいと言い出せない

日本人は空気を読む人種と言われています。

「今職場を辞めたら明らかに迷惑がかかるだろうな。」

と、中々一歩が踏み出せない人が非常に多いです。

先ほど書いた、上司との人間関係が悪い場合、むしろ吹っ切れて辞めれる人が多いです。

反対にこちらのパターンは、人間関係も上手くいっているので、ムリに辞める理由がなくて辞めれない状況に持ち込まれていることもよくあります。

しかし、日に日に募っていく、辞めたいと言う感情を燻らせながらアルバイトをするのも大きなストレスになることは間違いありません。

そういった時に、退職代行を使うユーザーが増加しています。

アルバイトが退職代行を使用するメリット

多くのアルバイトが、退職代行サービスを活用していることを書きました。

使う人がいるということは、そこにはメリットがあると言えます。

一体、どういったメリットがあって、退職代行サービスを使用しているのでしょう。

退職代行を利用するメリットは次のとおりです。

  • すぐに辞められる
  • 苦手な人と会わなくてよい
  • 有給を使用して退職できる

すぐに辞められる

退職代行サービスの一番のメリットはやはり『すぐに辞められる』ことです。

職場を辞めるとき、一番時間がかかるのが手続きです。

最低でも1週間はかかることが多いのではないでしょうか。

辞表を出した後も、職場に顔を出し続けるというのはかなり気まずい状態に陥ることは簡単に想像できます。

それを踏まえ、面倒な状況はを全て「退職のプロ」に任せきりにして、迅速かつ的確に対応してくれます。しかも法律に則って退職出来る点に代行サービスのメリットがあります。

苦手な人と会わなくても良い

退職をする際、一番の障害は他人です。

特に、辞表を出す相手はいつだって自分に口うるさくいってくる上司になります。

そういった上司は辞めることを邪魔してくることが多く、場合によっては退職をもみ消してくる場合も多々あります。

本来、法律では許されていないことですが、まだまだそういったことが起こっているのが現実です。

そういった上司と合わなくても、法律のプロとして代行サービスは心強い味方になってくれたりします。

有給を使用して退職できる

有給を使用して退職出来る点も人気があります。

職場によっては、有給を残したまま退職させられるところもあります。

法律的に言えば、有給を使いきらずに退職することはまかり通ってはならないことですが、

「辞める身分の人間が何を寝ぼけたこと言うとるんじゃ」

と、威圧してくる職場があることも事実です。

あまりに理不尽ですが、立場の弱い人が上司などの圧力などで自分の意見がなかなか言えないことも非常に多いです。

それに関しても、退職代行サービスは大きな力添えになってくれ、真の意味でオトクに辞められることが多いのも、魅力の一つと言えるでしょう。

アルバイトで退職代行を使用する際に準備すること

  1. 退職代行を使う理由
  2. 退職代行のメリット

の2つに掘り下げていきました。

ここまで読んで頂いた、アルバイトの方で、

「僕、わたしは退職代行サービスを使ったら現状を抜け出せる」

と思った人もいるかもしれません。

そういった人のために、退職代行サービスを活用する準備について記載していきます。

退職代行サービスを使用する際は次の点に気をつけておきましょう。

  • 貸与品はすべて返しておく
  • 有給休暇の日数を確認しておく
  • 必要な引き継ぎはすましておく

貸与品はすべて返しておく

職場で貸し出されていた備品などは全て返しておくことが必要です。

しかし、退職代行サービスによっては備品などのやり取りも全て代行してやってくれるサービスなどもあります。

そういったサービスがあれば、賃与品の受け渡しは必要がなくなります。

有給休暇の日数を確認しておく

退職代行サービスを活用する前に、有給休暇の日数を確認しておきましょう。

退職代行サービスに残っている有給を相談する際に円滑に進めるためです。

必要な引き継ぎは済ましておく

必要な引継ぎはあります。

いくら退職代行サービスを使うとはいっても、社会人として仮に自分が辞めたとしても職場が回るように必要最低限の引継ぎを行っておきましょう。

アルバイトの退職でよくある質問

最後にアルバイトの退職でよくある質問をここでまとめておきます。

アルバイトをバックレるのはやばいですか?

アルバイトをバックレることはやばいですか。

という質問ですが、当然やばいです。

アルバイトといえど、仕事です。

そこには労働時間に対しての、報酬が発生しています。

社会人として信頼を得て、お金を稼いでいるのに何の了承も得ずに勝手に持ち場を去られるのは雇っている側からすれば、「ふざけるな」という話になります。

学生ならば、1000歩譲って許されるかもしれませんが、20代、30代になったいい大人が勝手に職場を放棄するなど、もってのほかです。

実際にアルバイトを辞めるなら適切な処置を踏むことが必要です。

しかし、多くの人はその適切な処置が出来ないので非常に悩みます。

だからこそ、退職代行サービスを活用する人が増えてきているわけですね。

アルバイトで退職代行を使用するのはクズですか?

アルバイトで退職代行を使用するのはクズですか。

という話ですが、こちらにかんしては法的に正しい手順を踏んでいるので、少なくとも、社会人的目線で見た時に、まっとうな辞め方になると思います。

現在、退職代行を使う若者や労働者に対して、苦言を呈する上司が増えてきていると言いますが、

「退職代行サービスを使わざる得ない状況に追い込んだのはどこの誰だ」

という話になります。

むしろ職場がしっかりしていたのなら、わざわざお金を払ってまで退職代行サービスを使わなくて済んだわけです。

ですから、退職代行サービスに対して文句を言うくらい監督能力が低いせいだったと考えてクズと言われても気にしないようにしましょう。

アルバイトで退職代行を使用しても訴えられませんか?

アルバイトで退職代行を使用しても訴えられませんか。

これについては、色々な退職代行サービスを通してみてみると分かります。

しっかりと弁護士が監修している退職代行サービスや弁護士が運営しているサービスを利用するのがおすすめかつ安心です。

中には、辞めさせることだけに力を割いた業者もあります。

見極めが大事なので、しっかりと調べましょう。

退職代行でアルバイトを辞めるのはあり?料金を安く済ませる方法のまとめ

最後に、

退職代行で辞めるのはアリ?

という話を今一度まとめて、それに加えて料金を安く済ませる方法についてまとめてみたいと思います。

退職代行でアルバイトを辞めるのはあり!【バイトは経験値稼ぎ】

アルバイトでの経験は人生で活用できます。

どんな職場にも優秀な人がいて軸となり、ときに潤滑剤となります。

そういった人のやり方は遠目で見ていても実に参考になるし、仮に自分が人の上に立った時、そういった人のやり方は引き出しの一つとして使えます。

仮にものすごく嫌な上司がいても、学べる部分はやはりあります。

とはいっても、いつまでも同じ職場に居ては個人の成長は止まってしまいます。

そういった中で、辞めるにやめられない場合もあり、そういった時に苦汁の決断として退職代行を活用することはありです。

そして、今回書いたように珍しいことではありません。

料金を安く済ませる方法のまとめ

ということで、最後に料金を安く済ませるためのまとめです。

とはいえ、当たり前のことを書きますが、

自分にあった退職代行サービスを選びましょう。

仕事を辞めるには非常に多くの手続きが必要です。

だから、退職代行サービスは2万円を超えるモノが多いです。

そういった中で適当に選んでしまっては、2度手間になりより多くの出費が必要になります。

退職代行サービスを上手く使う人は、しっかりと選んで、そしてスパッと一回で辞めてしまいます。

だからこそ、色々な退職代行サービスを見比べて、自身にマッチしたものを選んでいくのがベストになるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次