MENU
おすすめの退職代行サービス特集は ここをクリックしてチェック!

仕事を辞めたいと思ってしまった40代の方へ。後悔しないように準備しておくこと

仕事を辞めたい。

そうした悩みを抱えているのは、もしかしたら40代男性が最も多いのかもしれません。

若い人の間では、今は「転職時代」だという声に後押しされ、様々なことに挑戦していく姿が目立ちます。

ただ、40代ともなると、20代、30代ほど身軽ではなくなるため、多少の不平や不満は我慢し続けて、そのまま働くという選択を選ぶことは多いです。

しかし、今は40代以上のミドル層の転職市場が活発化してきており、40代からでも新たなステージで活躍できるチャンスが広がっています。

今回の記事では、仕事を辞めたいと悩まれている40代男性に向けて、実際に40代で仕事を辞めた人のリアルな声を踏まえながら、仕事を辞めて後悔しないように準備しておくことについて解説していきます。

目次

仕事を辞めたい40代の方は多い?

実際に仕事を辞めるかどうかは別として、仕事を辞めたいと考えている40代の方はとても多いです。

毎日そんなことを考えている、実際、そんな風に共感される方も多いのではないでしょうか。

その要因はいろいろありますが、主に以下の3点が挙げられます。

  • 中間管理職に疲れてしまった
  • 出世が中々できずに同期に置いていかれた
  • 仕事量が多く、家庭と両立できない

どういうことなのか、ひとつずつ詳しく考えていきます。

中間管理職に疲れてしまった

40代以上となると、自身の責任が大きくなるとともに、会社の売上を上げ、なおかつ、部下を持って育てていくことも求められます。

若いうちは目の前の仕事に集中していればよかったものが、部下を持つことで、仕事はちゃんとできているか、困っていることはないか、そうしたフォローを常に気を配る必要もでてきます。

そして、努力して成果を上げている部下とそうでない部下を正しく評価してやらないと、すぐに不平不満がでてきます。

さらに努力して成果を上げていたとしても、肝心の売上が上がらなければ給料を上げてあげることができません。

なぜ売上が伸びないのか上から責められ、なぜ給料が上がらないのか下から責められる。

その両方から板ばさみにあうのが中間管理職であり、嫌になってしまったり、疲れてしまうことは多いです。

出世が中々できずに同期に置いていかれた

出世ができずに同期に置いていかれてしまった。

さらには、年功序列から成果主義に変わったことで、後輩もどんどん出世していくのを見て、劣等感みたいなものを感じてしまうこともあるのではないでしょうか。

出世できるかどうかは、単純に仕事ができる、できないだけで決まるわけでないのが多くの企業の実態です。

上司にうまく取り入るスキルやわかりやすい成果を上げるなど、出世のための仕事の進め方というのが実際に存在するというのは周知の事実です。

出世が中々できずに自身の立場が辛くなってくる、そんな状況が顕著になるのも、やはり40代になってきます。

仕事量が多く、家庭と両立できない

40代はミドル層と言われ、もっとも「脂がのった時期」と言えます。

そのため、仕事量はとても多くなりますし、部下の管理もしてやらないといけません。

さらに家庭では子供も大きくなる時期であり、反抗期を迎えてきます。

仕事ばかりしていると家庭での立場はなくなり、家庭ばかり見てると会社での席がなくなる。

仕事と家庭の両立というのは、本当に難しいものです。

40代で仕事を辞めた人のリアルな声は?

40代で仕事を辞めようか悩まれているのであれば、まずは実際に40代で仕事を辞めた方々のリアルの声を聞くのがイチバンです。

そこでここでは、40代で仕事を辞めてどうだったのか、そうした声を集めてみました。

  • リアルな声1,中々退職させてもらえず辞めるのが大変だった
  • リアルな声2,退職後の転職活動が大変だった
  • リアルな声3,仕事の重圧が解放されて人生が好転した
  • リアルな声4,良い転職先に恵まれてプライベートが充実した

実際に仕事を辞めて、どのような結果となったのか、ひとつひとつ見ていきます。

リアルな声1,中々退職させてもらえず辞めるのが大変だった

ミドル層の社員が会社を辞めるということは、会社にとっての影響は大きいです。

会社では責任のあるポジションを任されていることも多く、若手社員が辞めるのとは、やはりその重みが全然違います。

そのため、強い引き止めに合うこともあるでしょう。

実際、辞めると伝えても、「中々退職させてもらえず辞めるのが大変だった」という声が多くあります。

ただ、変わりの人材が育つまでなどと言っていると、いつまで経っても辞められないというのも事実です。

リアルな声2,退職後の転職活動が大変だった

転職してキャリアを高められる可能性がありますが、その一方で、すべてがうまく行くわけではありません。

確かにミドル層の転職が今注目されており、即戦力となる中途採用への需要は高まっていますが、「退職後の転職活動が大変だった」というリアルな声もよく聞かれるということを忘れてはいけません。

転職の成功例は目立ちますが、その裏に隠れて失敗例もたくさんあるということは認識しておく必要はあるでしょう。

自分自身のスキルと向き合い、本当に転職した方が良いのか、市場価値と照らし合わせて冷静に見極めることが重要です。

リアルな声3,仕事の重圧が解放されて人生が好転した

転職により、経済的に不安定になるリスクはあるものの、精神的な安定を重視するというのも全くもって普通の考え方です。

会社の上位層と部下から板ばさみに合い、毎日が辛いのであれば、何かしらの手段で打開していかないと長い会社員生活を定年まで続けることはできません。

仕事の重圧が解放されて人生が好転した

40代というミドル層の転職から得られるリアルの声として、人生が好転したという声は多いです。

リアルな声4,良い転職先に恵まれてプライベートが充実した

即戦力人材であれば、転職によって待遇もプライベートも充実させることは十分可能です。

自身の市場価値を見極め、もし希望する待遇に届いていないのであれば、それこそ転職を考えてみるのが良いでしょう。

良い転職先に恵まれてプライベートが充実した」という声も、最近は本当に多くなってきています。

40代での退職は不安がつきまとうが良かったことのほうが多い

40代での退職は不安がつきまとうことが多いです。

背負っているものも大きく、早々簡単に下せる決断でもないので、それはある意味仕方のないことなのでしょう。

ただ、時代は変わっており、以前は確かに40代での退職はリスクが大きかったのですが、今はまた違ってきています。

実際、40代以降でも退職して良かったという声の方が多くなってきています。

しかし、辞めるまでの苦労は以下のように多いです。

  • 中間管理職は中々辞められない
  • 中々辞められないときは退職代行の使用もあり

それぞれ詳しく考えていきます。

中間管理職は中々辞められない

40代での退職に苦労する点として、会社から退職をなかなか受け入れてもらえないということです。

特に中間管理職の立場にいる場合は、その傾向は顕著です。

今抱えている仕事、それから部下の管理、辞めるのであれば、それらを後任者に引き継がないといけません。

その引き継ぎに時間がかかり、苦労することになるでしょう。

そうそうに適任となる後任者が見つかるわけではありませんし、そもそも引き継ぐことが多くありすぎるというのもあります。

責任ある立場に身を置いている以上、会社を辞めるというのは想像以上に大変なことです。

中々辞められないときは退職代行の使用もあり

40代以降ともなると、会社を辞めたいと思っても、会社に「辞めたい」と言い出しにくいこともあるでしょう。

最近では、転職が当たり前になりましたが、それでも退職するために必要なことは何一つ減ってはいませんし、むしろ大変さは増しています。

中々辞めさせてもらえず、引き継ぎに何ヶ月、もしくはそれ以上かかることも十分に考えられます。

自身の市場価値はどんどん変動していき、会社からの要求に従っていたら、せっかくのチャンスを逃してしまいことになりかねません。

そこで、中々辞められないときは退職代行サービスを使用するという選択肢もあります。

多くのメディアでも取り上げられ、それとともに利用者が増えており、世の中に少しずつ浸透しています。

退職代行サービス業者に依頼すれば、翌日から会社に行かなくてもいいというようなことも可能です。

40代以降でも利用者は増えており、むしろそのサービスの恩恵を最も受けられる世代と言えるのかもしれません。

会社を辞めるという敷居をものすごく下げてくれるサービスであり、もし本当に思い悩んでいるようであれば、こうしたサービスの利用も検討に入れてみてください。

40代での転職はよく考えて進めるのが無難

40代での転職により、待遇がものすごくよくなったという成功例はたくさんあります。

しかしそれは、一部の成功例であり、やはり40代からの転職となると、20代、30代よりも不利になるケースが多いということは事実です。

そこまで積み上げてきた地位を捨てることになるので、転職して新しい会社では、自分より年下が上司になるということもあるでしょう。

「こんな会社辞めてやる」と勢いで退職してしまうと、高い確率で後悔することになってしまいます。

自身の市場価値を見極め、今の地位を捨ててまで本当に退職した方が良いのか、家族とも相談しつつ、十分に考えてから進めるのが無難と言えるのは間違いありません。

40代は仕事においても家庭においても、様々な責任がおしかかる年代であり、長い人生の中でも悩みが多いときです。

転職するかどうかを考える、こうした機会は、これからの人生を見つめ直す点においても、とても良いタイミングになるため、精神状態をリフレッシュさせた状態でしっかりと向き合ってください。

そしてその上で下した決断であれば、自身の考えを尊重し、何よりも優先させるというのはとても大事なことです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

カンキチのアバター カンキチ 転職・退職専門家

現在、人材サービスを提供する企業で勤務している30歳。
自身も過去に正社員の工場作業員での退職を経験しています。
このサイトを通じて一人でも多くの方の人生をよくしたいと思っています。
様々な価値を提供していきたいと思っているのでよろしくお願いします!

コメント

コメントする

目次